マッサージを兼ねてヘアブラシを

>

重いヘアブラシ

昔から、重いヘアブラシを使うことがありませんでした。 私は、軽くて綺麗なくしを使って髪の毛をとかすことが習慣で、 どうしてあんなに大きなブラシが必要なのだろうと思ったものです。 それこそ、背広の汚れをとるベルベットがついたブラシとあまり変わらない感覚をもっていたのです。 静電気というのも考えたこともなかったのです。いまにしてみれば、もっと早くから対策を 講じていれば、ここまで、ただでさえ細く少なくなった髪の毛をさらになくすこともなかっただろうと 思うのです。目の細かいくしだったら、すらっと伸びて、髪の毛が綺麗になる、油をつけて ときほぐしていれば、つやつやになると思っていたのですが、どうも全体がスッキリしません。 軽いくしを使うからか、頭皮をごしごしこすってしまい、私の頭皮には、何箇所か傷が出来ています。 ブロー用のロールブラシには、髪の毛がからみつき、次にとくくしの目の間に髪の毛がからみ、 ぶちぶちきれるし、抜けるしで、ブラシ自体を変えた方が良いと思いつきます。 結構、イノシシや、豚の毛はヘアブラシとして適してた堅さで静電気対策にもなるようなので、 やっぱり多くの人が良いと言うものは使って見ることにしました。 手が小さいので、あまり大きく重たいものは大変なのですが、握りしめて、ギシギシこするのなら、 頭皮において、滑らす感じで動いてくれるヘアブラシの方が頭皮マッサージには良いだろうと思います。髪の毛をとかし、プラス、髪の毛を綺麗に見せるブラシを使うことは大切なことです。 髪をとかす事、限定なら、大きくて重いブラシは使い勝手が悪いかも知れませんが、髪の毛と、 頭皮を全て考えてのケア用品としてヘアブラシを考えるのなら、ゆったりと頭の上を動いてくれる ブラシなら、リラックス効果もあるし、こすり過ぎなくて済む分、髪の毛が切れたり、痛んだりする ことも少ないでしょう。 ブローを考えても髪の毛を痛めるので、このようなブラシを使って、半分乾かした髪の毛に、 トリートメントをつけては、自然にとかしながら乾かします。 以前とは髪の艶も異なった様子です。